パズルの方ではありません(無関係でもないですが)

電動工具を使いこなそう第二弾はジグソーです。英語のjigsawは糸鋸(いとのこ)のことを意味します。ジグソーパズルのジグソーも糸鋸で切ったパズルという意味らしいですね。
ジグソーは電動工具の中でも比較的安全な部類に入ります。直線から曲線切りまで対応できるので、使用用途も広いです。また、ブレードを取り換えるだけで、木材から鉄板まで切れるという便利な工具です。


ジグソー大図解!


diy_seminer_17_img_01

ロックボタン

メインスイッチをONした状態で、ロックスイッチを押すと、メインスイッチをホールドします。ホールドすることで、メインスイッチから手を放しても、切断を継続できます。解除するには、メインスイッチをぐっと握ると解除できます。

メインスイッチ

トリガー式のスイッチ。動作のON/OFFを切り替えます。握っている間、動作します。

ベース

このベースを木材に押し当てながら切断を行います。ベースが浮き上がらないように注意。

ブロアON/OFFスイッチ

このモデルは、ジグソーブレードの部分にブロア機能が内蔵されており、切りくずを吹き飛ばしてくれます。これにより墨付けした線の確認がしやすくなります。(切りくずは舞いますが)

オービタル切り替えスイッチ

オービタルとは「しゃくり」動作のことで、この動作を切り替えます。

ジグソーブレード

ノコギリの刃の部分です。用途によりいろんな種類があります。

ブレードホルダー

ジグソーブレードを固定する部分です。写真のモデルは特別な工具を必要とせず、ホルダーをずらすだけでブレードの交換ができます。ねじ等で固定するモデルもあります。

ジグソーの特徴

ジグソーは細いノコ刃のついたブレードを上下することで木材や鉄板を切断します。仕組み的には普通のノコギリと同じです。刃の向きは上向きについているので、ブレードが上に向かって動くときに切断を行うことになります。ブレードは細く曲線切りが得意です。半面、ブレードの細さゆえに直進性は良くなく、直線切りには向いていません。また、電動工具とはいえ普通のノコギリと同じ仕組みで切り進めるため、スピードも丸のこと比べるとだんぜん遅いです。そのため切り終わるまで時間が掛かりますので、集中力を切らさないことが重要となってきます。

オービタル動作とは

オービタル動作とは、ブレードを上に引き上げるときに「しゃくる」動作になります。これによりブレードが下がるときには木材に刃が当たりにくくなり、スムーズに切り進めることが出来ます。また、切断スピードも上がります。ただ、オービタル動作が無い方が切断面は綺麗に仕上がる傾向があります。
金属を切断する場合もオービタル動作は切りましょう。引っかかって暴れる原因になります。

diy_seminer_17_img_02

ブレードの種類

ジグソーではブレードを付け替えることで、様々な材料を切断することが出来ます。ブレードの形状は様々なタイプがあり、互換性のあるものもあれば、全く取り付けられないということもあります。ジグソーを購入した際に付属するブレードの形状をよく見て同じ形状の取り付け部のブレードを選びましょう。

diy_seminer_17_img_09


ブレードには用途に応じて、以下のような種類があります。

  • ステンレス・鉄工用
  • 木工・木工円切り・合板・新建材・仕上げ用
  • ゴム・皮用
  • アルミニウム・非鉄金属用

用途に合わせてブレードを選択しましょう。いろいろな用途をセットにした商品もあります。


BOSCH(ボッシュ) ジグソーブレードセット PR-JBL10

ジグソーを使った加工の種類

曲線切り

細かい曲線切りは糸のこ盤の方が優れていますが、大きな厚い材料に曲線を施したい場合は、ジグソーしか加工できない場合があります。
基本は墨線を引いておいてから、フリーハンドで墨線に沿って切り進めることになります。焦らずゆっくりと切り進めましょう。
もし墨線から外れてしまった場合はムリをせず、一端戻って外れた部分から再度切り進めます。

diy_seminer_17_img_04

窓抜き加工

窓抜き加工も丸のこでは加工できないものの1つ。くり抜く部分に墨線を引いたら、対角上に2カ所、ブレードが入るサイズの穴をドリルビットで穴をあけます。穴は墨線からはみ出さないように気を付けましょう。但し、墨線から離れすぎると後々の修正が面倒です。

diy_seminer_17_img_05

ドリルビットであけた穴にブレードを差し込み、墨線に沿って切り進めます。定規やガイドがあると、まっすぐにカットすることが出来ます。
基本的には①から④の順番でカットします。このとき、平行に切り進めることで、安定してカットすることが出来ます。

diy_seminer_17_img_06

ジグソーでの加工の注意

ジグソーで材料をカットする際は、作業台などに材料を固定すると両手が使えて安定した作業が出来ます。但し、作業を進めるうちに固定用のクランプがジグソーに干渉してしまうということがありますので、位置についてはよく確認しましょう。
また、材料の下の空間に何も無いことを確認して下さい。特に作業台が無く、床に端材などを置いて台の代わりにする場合など、十分な高さが無いとブレードが床に当たって大変なことになります。作業台上での加工でも、作業に夢中になって固定している作業台も一緒に切ってしまわないように注意しましょう!

diy_seminer_17_img_08



穴の開いた設計図も作れます!

窓抜きも形状加工機能(ブーリアン演算)で一発設計! 驚くほど簡単に窓抜きした設計図面が作れます。



ジグソーにしか出来ない作業もあります【まとめ】

今回はジグソーについて解説しました。丸のこと比べると、使用頻度は低いかもしれませんが、ジグソーにしか出来ない加工(特に窓抜きなど)もあります。丸のこと比べると、安全な電動工具で扱いやすいのも特徴です。

作品のデザイン性をアップしたい時には是非とも入手したい工具のひとつですね。


窓抜きもブーリアン演算で一発設計!caDIY3D+のダウンロードはこちらのページから!


ダウンロード
日曜大工・DIYの設計ならコレ!らくらく設計ソフトcaDIY3D。 まずは1ヶ月無料でお試し!お試し期間中は全ての機能がご利用頂けます。caDIY3DはWindows専用のCADソフトウェアです。動作対象OS:Windows7以降。...
DIY(Do It Yourself)とは、「暮らしをより良くするために、自分で工夫をすること。」 とは言え、何から始めて良いのかわからない!というのは、よくある話。 ここでは木工を中心として、DIYに役立つ情報を集めて行きたいと思います!
カテゴリー: DIY講座

尾見@caDIY3D開発

尾見@caDIY3D開発

DIYが趣味で「誰にでも簡単に扱えるCADがあっても良いんじゃないか?」ということでcaDIY3Dを開発しました。 DIY歴は14年?くらいです。2017年:DIYアドバイザー取得。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top