caDIY3D ARの紹介


Google Playでベータ版を公開中の「caDIY3D AR」の紹介です。 ARとは何なのか?どんなことができるのか?このページで徹底解説します!


 

1.ARとは?

AR(Augmented Reality:拡張現実)とは、人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、なんだそうです。 何やら難しいことを言っていますが、コンピューター上で作成したもの(CGなど)を現実の世界にくっつけちゃう、というようなものです。


caDIY3D ARでは、カメラで撮影した現実空間に、caDIY3Dで作成したモデルを重ね合わせることで、実際にモデルが現実空間にあるように表示します。 実際に作成して配置したときのサイズ感、色の感じ、雰囲気をリアルにシミュレーションできます。 また撮影して共有できるので、プレゼンテーションにもピッタリ!


 

2.まずはダウンロード!



caDIY3D ARはAndroid端末(スマートフォン、タブレット)用のアプリです。Google Playからダウンロードできます。 ※残念ながら、iOS端末(iPhoneやiPad)にはまだ対応しておりません…。
Google Play で手に入れよう

caDIY3D ARをインストールしたら起動してみてください。下のモデル一覧に最初から3モデルが登録されていると思います 選択しても何も表示されませんが、右上のモード設定ボタンから「閲覧モード」を選択するとモデルが表示できます。

※「配置モード」では「ARマーカー」と呼ばれる基準を使用して実際のサイズで表示します。
※「閲覧モード」ではARマーカーは不要で、自由な角度、大きさで表示できますが実際のサイズとは異なります。

とりあえず表示できたら、次に進みましょう!

 

3.caDIY3Dからデータを転送!

せっかくなので、自分の作品を表示してみたいですよね。手順は簡単!3ステップです。

①caDIY3Dでモデルを作成。


②PCとアンドロイド端末を転送用USBケーブルで接続。Android端末をMTPモード(転送モード)にするのを忘れずに。


③エクスポート機能でAR用ファイルを転送。


※ケーブルが無い場合は一旦PC内に保存して、SDカードやクラウドサービスでファイルを移動させる方法もあります。 その場合は、Android端末の内部ストレージ直下のDownloadフォルダか、caDIY3Dフォルダに保存してください。

ファイルを転送後、caDIY3D ARを起動すると選択できるモデルが追加されていると思います。
見当たらない場合は再読み込みボタンをタップすると、反映される場合があります。



 

4.配置モードを使ってみる!

配置モードは実際の空間にモデルを置くシミュレーションができます。
ARマーカーという基準を使用しますので、caDIY3Dのエクスポートから印刷しておきます。もしくは、下の画像を印刷してください。

※クリックして拡大表示したものを原寸印刷してください。

◆◇◆ 手順 ◆◇◆
①caDIY3D ARでモード設定ボタンより「配置モード」を選択します。
②モデル一覧より、モデルを選択します。
③ARマーカーをモデル設置場所に置きます。
④ARマーカーをスキャンするとその上にモデルが表示されます。
⑤スキャン後は端末をゆっくり動かしてください。
※端末の環境にもよりますが、画面を早く動かすとARマーカーの認識がずれる場合があります。


⑥スワイプで位置の微調整、2本指の回転で向きの微調整ができます。
⑦モデルを初期表示に戻したいときは、リセットボタンをタップしてください。
⑧モデル一覧が邪魔なときは開閉ボタンをタップすると下に隠れます。


 

5.閲覧モードを使ってみる!

閲覧モードはARマーカーを使用せず、モデルを自由な大きさ、角度で見ることができます。
実際の空間とも重ねて表示できますが、実際のサイズでは表示しません。だいたいの雰囲気を見てください。

◆◇◆ 手順 ◆◇◆
①caDIY3D ARでモード設定ボタンより「閲覧ード」を選択します。
②モデル一覧より、モデルを選択します
③画面中央にモデルが表示されます。


④スワイプで自由回転、ピンチイン/ピンチアウトでサイズを縮小/拡大できます。
⑤モデルを初期表示に戻したいときは、リセットボタンをタップしてください。
⑥また、背景カメラのON/OFFができます。単純にモデルのみを見たい場合はOFFにしてください。


 

6.撮影して写真を共有!

撮影ボタンをタップすると、現在の表示を写真として保存することができます。
プレビュー画面になりますので、写真を確認して、他アプリで共有したい場合はそのまま共有ボタンをタップ!
アプリを選択すればSNSにアップするのも簡単!

自慢の作品をどんどん写真に撮って、DIYのイメージを膨らませましょう!!

 

7.使い方はいろいろ!

例えば・・・
・ 家具をデザインして、実際に設置した場合のサイズ、色合いなどをARでチェックできる!
・ 携帯端末で立体画像を見れるので、DIYの作業時にいつでも構造を確認できる!
・ いくつもモデルが保存できるので、いろんなパターンの設計図を持ち出せる!
などなど、使い方はあなた次第!

以上、caDIY3D ARの紹介でした。是非お試しください!!

井上@caDIY3Dスタッフ
caDIY3D開発担当の井上です。DIY初心者です。今の目標は子ども用の収納棚を作ることです。

 コメント ご意見、ご感想などお待ちしております。

コメントはありません。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*