ブースにカウンターを作る!


8月に入って暑い毎日が続いていますが、皆さん如何お過ごしでしょうか!

夏と言えば、Japan DIY HOMECENTER SHOW(3回目)

夏と言えば、今年も出展します。Japan DIY HOMECENTER SHOW2017!(去年も同じことを書きましたが)
今年で3回目の出展となります。昨年はcaDIY3D+の公開に合わせて新機能を使ってパーゴラを設計し、自分たちで作りました。
パーゴラを作ってどどーんと迫力のあるブースにしよう!と意気込んで作ってみましたが、いくつか反省点がありました。

まず、材料が大きい。どうしても高さを出したくて、ブースの広さいっぱいに設計を行ったのですが、柱だけでも2.4mの長さがありました。これくらいの柱を輸送すると、通常の便ではムリです。
チャーター便になると鳥取~千葉間の運賃だけで十数万円!
さすがに社長に怒られます。
と言うわけで、昨年はワンボックスカーに無理矢理材料を詰め込んで幕張まで自分たちで運びました。

これが想像以上に過酷。
片道800kmの運転は、楽しくもありましたが、疲れました。
つぎに、無事にパーゴラを設営することは出来たのですが、やっぱりちょっと手作り感が拭えませんね。
(これはこれで味がある!っと言って頂ければ、苦労も報われますが…)

今年は「男の工房」ゾーンに出展!!

手作り感が拭えない。と言っているのに、今年はテーマゾーンへ出展するという暴挙にでてしまいました。
テーマは「男の工房」!
工房を作るには設計は欠かせないでしょ!っと軽い気持ちでテーマゾーンに出展を決めたのですが、時期が迫ってくるとどういうブースにしようか悩んでしまいます…。
しかも、イベントステージの目の前。

と、言うわけで、ブースの装飾は専門業者にお任せ♪

caDIY3Dスタッフがそれで良いのか?

何でも手作りがモットーのcaDIY3Dスタッフ。壁面は専門業者にお任せすることにしましたが、テーブルなどは自分たちで作りたい!
アイデアを出し合って、こんなブースにすることにしました。







やっぱり大きなものを作らないと迫力が無いよね!(スタッフの悲鳴が聞こえてきますが。)

立体的にするためにあえて屋根(?)の付いたカウンターを作ります。
資材の運搬方法も考慮して、分割方法も工夫します。

もう本番まで、時間がありません!次回からは作成に掛かりますよ!


caDIY3Dのダウンロードはこちらのページから

尾見@caDIY3D開発
caDIY3Dプロジェクトリーダーの尾見です。DIYが趣味で「誰にでも簡単に扱えるCADがあっても良いんじゃないか?」ということでcaDIY3Dを開発しています。DIY歴は12年です。今年こそは、DIYアドバイザーを取りたい。

 コメント ご意見、ご感想などお待ちしております。

  1. 山本 博 said on 2017年8月19日 at 5:39 PM

    すてきな工房ですね。応援しています。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*