ブースにカウンター【4日目】


ブースにカウンター4日目。今回で一気に仕上げてしまいます。

壁面装飾完成まで!

塗装に明け暮れた3日目でしたが、まだまだ塗装が続きます。

すのこ状に取り付けた1×4材を、贅沢にもミルクペイントで塗装します。(安い白ペンキ用意してたんだけどな…。)




黒板の枠はサンディングし下地を少し出してシャビー感を出していきます。枠に使った木材は年輪が密になっている木材でしたので、塗装を削って年輪を浮き上がらせても、ちょっと控えめな仕上がり。




黒板のほうもマグネットペイントを重ね塗り。平らにしようと必死に塗りますが、なかなか難しい。本来、3度塗り重ねる必要があるのですが、ペンキの量の関係から2度塗り。
結構、厚く塗ったつもりですが、上手くマグネットは付くでしょうか?




塗料を塗った合板を枠にはめ込み、壁面装飾は完成!
枠に合板が上手くはまるか心配しましたが、ほとんどピッタリサイズで少し叩きこむ程度で割れることも無く収まりました。
肝心のマグネットのひっつき感ですが、若干弱い感じはありますが、紙を貼り付ける程度には問題ありません。もともと、もう一度重ね塗りが必要だったので、指示通りに塗っていれば問題無さそうですね。
可動棚も良い感じにはめることが出来ました。ポイントは現物合わせで、きっちりと板を並べて固定することですね。少しでも緩いと棚が抜け落ちて固定することが出来ません。

カウンターも仕上げていきます。

カウンターの上部には急遽、スポットライトを仕込むことにしました。
以前の展示会で用意したスポットライトが4つ。



ここで活躍したのが、スターエム製アジャスト自在錘!
最大で75mmの直径の穴を開けることができます。あっという間に4つの丸穴を加工。
かなりキレイな丸穴を開けることが出来ました。バリも少なく、ちょっとサンドペーパーを掛けるだけでキレイに抜けました。これが無ければ、難しかったでしょうね。




スポットライトを取り付けて(単にOSB合板の上に載せて、テープで留めただけですが)点灯!
かなり良い感じ!




カウンター上部のパネルにはcaDIY3Dの文字を書いてみます。
鉛筆で下書きをして、ブラシで書いてみました。



うーん。微妙な仕上がり。
手書きで文字を書くのは素人には難易度高めですね…。




やっぱり大きくてもステンシルで書かないとキレイに出来ないだろうな。っということで、クリアファイルを使ってステンシル作成。




おー。やはりステンシルの方が出来映えがいいですね。「D」の文字は使い回しです。




塗装もほぼ終わり、展示会設営のシミュレーションのために、ばらばらの状態から時間を計って組み立ててみます。




輸送を考えて、全てのパーツは170cm以下に収めてあります。
上部のパネルも取り付けて、上下を接合していきます。




少し塗り残し部分がありますが、ほぼ、完成!
組立時間は途中、ビスが折れるなどのトラブルがありましたが、およそ2時間でした。

なかなか良い雰囲気に仕上がったかな?お盆の休み明けには解体して、現地に輸送します。
展示会では是非、実物を見に来て下さい!(サイトで見たよっと言ってもらえたら嬉しいですね!)

次回は完結編の予定です。輸送~展示会本番の様子かな?そんな記事になると思います。

caDIY3Dのダウンロードはこちらのページから

尾見@caDIY3D開発
caDIY3Dプロジェクトリーダーの尾見です。DIYが趣味で「誰にでも簡単に扱えるCADがあっても良いんじゃないか?」ということでcaDIY3Dを開発しています。DIY歴は12年です。今年こそは、DIYアドバイザーを取りたい。

 コメント ご意見、ご感想などお待ちしております。

コメントはありません。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*