森下博之先生カケルキャディースリーディー

森下博之先生

令和2年夏、教育現場が軒並みコロナ禍への対応に追われる中、いち早くオンラインでの技術科教員研修会開催に踏み出した学校があります。

島根県松江市にある、島根大学教育学部附属義務教育学校です。技術科の教鞭をとる森下先生を中心として、教育機関関係者は勿論、教材・DIY業界関係者をも巻き込んでの新たな試みを実現。

2021年度からの中学校・新学習指導要領全面実施に先駆け、合板DL・モジュール木工キット「Kism(キズム)」や設計ソフト「caDIY3D-X(キャディースリーディークロス)」を駆使した先進的な授業づくりに取り組む森下先生に、caDIY3Dスタッフがお話を伺いました。


授業でのcaDIY3D-Xの使用方法 ~ 構想して設計をまとめる



生徒がキャディースリーディーを使用している1

– 森下先生の授業ではcaDIY3D-Xをどんな風に使っていらっしゃるのか、まずはあらためてその辺りから教えて頂けますか。

僕は中学校技術・家庭の技術分野の教員です。義務教育で唯一テクノロジーに関して扱っている教科を担当しています。その教科の中に「材料と加工の技術」という内容があるんですね。昔だったら「木材加工」とか言っていた内容なんですけど、その中でcaDIY3DーXを使わせてもらっています。

これまでは例えば、皆、同じ本棚を同じように作るっていう授業の形が長く続いていたんですけど、最近は「自分で生活の中に問題を見いだして、そこに課題を設定して、その解決策として設計してものを作る」という風な形の授業になってきているんです。特に新学習指導要領ではそういう流れなんですけど、その中の「構想して設計をまとめる」っていうところでcaDIY3Dを使っています。

授業ではまず、日常生活の問題を見いだすところから始めて、問題発見/課題設定/解決策っていうのをずっと最初の時間からおさえおさえやっていく。その流れの中で、生徒達はそれぞれに作りたいものを、caDIY3Dを使って構想・設計してから、作っていきます。

僕の授業では合板DL・モジュール木工を扱っているので、caDIY3Dの材料データを合板DL・モジュール木工用の材料データに書き換えて利用しています。


頭で考えるというより、操作しながら手で考えるような感覚



先生がインタビューを受けている1

– 技術科の授業に当設計ソフトを導入するきっかけや決め手となったのは、どういったことだったのでしょう?

きっかけとしては、実はcaDIY3Dから始まったんじゃなくて、先に合板DL・モジュール木工というものに出会って、それを授業に取り入れようとしていたんですね。で、いろいろ商品を扱っているお店の中でオフ・コーポレイションのwebサイトを見ている時に、「あ、なんか設計ソフトがあるぞ」と。それで、caDIY3Dの無料試用版を使ってみたんですよ。そしたらなんか面白いじゃないのっていう。

特に、頭で考えるというより、操作しながら手で考えるような感覚があったので、合板DL・モジュール木工ともすごく親和性が高いなと思って。じゃあ授業の中で、設計の場面でcaDIY3Dが使えるかな、と。

最初の年は何人かの作業進度が早いような生徒達に、「こういったものもあるから使ってみる?」くらいの感じで使わせたんですよ。そうしたら、そんなに説明もしないうちに生徒達が結構使って、それなりの図面を描いているのにすごくビックリしました。今の子たちって紙で図を描いたりまっすぐな線を引いたりとかが苦手なんですけど、そういったことがある程度カバーできるのも良いなあと感じましたね。


「アイデアを練って構想をまとめる」という作業が、パソコンの中で出来る



生徒がキャディースリーディーを使用している2

– 教材としてcaDIY3D-Xを使用した感想はいかがでしょうか。

今年度から、生徒1人が1つのパソコンでずっと設計できるようにして、caDIY3D-Xを本格的に授業へ導入しています。それで、caDIY3Dは単に設計ソフトというよりは、構想・アイデアをまとめるためのソフトかなって思えるようになってきました。

最終的に設計がまとまるんだけど、「パソコンの画面の中でアイデアを練って、ああでもないこうでもないと試行錯誤して、構想をまとめていって、最終的に設計図も出来ちゃった」みたいなソフトかなと感じています。

去年までは、スチレンボードで生徒達に試作品を作らせていて、それが「アイデアを練る・構想をまとめていく」っていう段階だったんですけど、その段階ってすごく時間がかかっていたんですよ。スチレンボードを切って、合わせて、だけどうまくつかない、とかね。でもその「アイデアを練って構想をまとめる」という作業が、caDIY3Dを使えば全部パソコンの中で考えながら出来ちゃうっていうのが、すごく衝撃的なことで。

僕は今までCADって、どっちかというと清書するようなソフトのイメージしかなかったんですよ。頭の中で既にほぼあるものを、清書しながら形作っていくという。でもcaDIY3Dはそうではなく、考えること自体を生徒達が画面上で出来るっていうのが、すごいなあと。僕がやっている合板DL・モジュール木工で実物を扱うのと本当に同じようなことが、コンピュータの中で出来るのが1番のメリットだと感じます。合板DL・モジュール木工に限らず、一枚板の設計の場合も楽だと思いますよ。

設計したものが印刷出来るのも良いですよね。生徒達のまとめにも、三面図機能で印刷した図面を使っています。見いだした問題、設定した課題、解決策等と図面をあわせて生徒に記入させるまとめに利用しているんです。製作するだけじゃなく、それにどんな工夫を入れたのか、どういう価値があるのか等を書いて、caDIY3Dの図面や製作物の写真と一緒にまとめています。


図面を通して、考え・イメージを伝えあえる



先生がインタビューを受けている2

– 授業にcaDIY3D-Xを活用することで、どのような効果が得られているとお感じですか。

「線を描くこと、立体を描くことで精いっぱい」とか、それが難しいから「自分のイメージを相手に伝えられない」っていう生徒が以前は普通にいたんですが、そこのハードルはすごく低くなったと思いますね。パソコンの中で全部、図を描いて、立体もいろんな角度から見ることが出来て、画面上で確認できるのが、今までにない形かなあと。

お互いのイメージ・考えに対して生徒達が画面を見ながら意見を交換したり、うまくいってない友達がいたら「これこうするんだよ」と、caDIY3Dでの設計についても教えあったりしている。コロナで臨時休校とかもあったから、あらためてそういう場面に「やっぱり学校ってこうだよね」って感じる部分もありますね。

以前なら生徒達は「本当にこれ出来ているのかな?」っていう疑問を持ちながら、確認のために図面を教員に持ってきたりしていたわけですが、その辺りの確認は生徒達自身がcaDIY3Dの木取り図なんかで出来てしまう。あとは教員の方で木取り図を見て、使用する材料の制限に合っているかどうかだけ、確認すれば良いですから。確認作業の負担が減って楽になれば、教員としてもその分、他のことに力がまわせます。


直感的で、とっつきやすい



生徒がキャディースリーディーを使用している3

– 当設計ソフトを使って学んでいる生徒の皆さんの反応について、是非お聞かせください。

操作性の慣れに時間のかかる生徒も少数いるにはいるんですけど、ほとんどの生徒達が直感的に操作しています。最初の操作性やインターフェイスに慣れたら、あとはもう自分たちでやっているので、以降は操作のことで説明することはほとんどないですね。授業の中でつまずくということもほぼない。だから、これ、くくりとしては「3D」とか「CAD」っていうくくりになっちゃうけど、他の「3D」とか「CAD」っていうのと、敷居の高さが全然違いますよね。他のCADソフトだと多分ここまで出来ない。

線を描いて、頭の中にあるイメージを図として形にしたり、構造や寸法などを考えながら検討したりというのは、まだまだ「作る経験」そのものが少ない生徒にとっては、本来とても難しいことなんですよね。それをパソコンの画面の中でシュッと材料を持ってくるだけで出来るから、生徒達にとっても良いんだろうなあ、と。

材料を選ぶときに、画面上で材料がクルクル回りだすじゃないですか? あれが楽しいみたいで。パソコンの3次元空間って今の子供たちにとっては普通なんでしょうね。ゲームなどの影響もあるのか、違和感は全然ないみたいです。こちらが思っている以上に入りもスムーズに入っているから、とっつきやすいんだと思います。


これからの新しい技術教育



– 令和2年夏には、新たな試みとしてオンラインでの「技術授業づくり研修会」も開催されましたね。実施を終えられていかがですか?

新型コロナウィルスの影響で今年度は研修会の無い年になるかとも考えましたが、一時休校していた学校も再開の目処が立ち、「何かを広めるようなことをするんだったら今しかないな」と思って。それであのタイミングでのオンライン開催となりました。講師の各先生に加え、KismやcaDIY3Dにも協力をお願いして。 前年の研修会での「こんなことが出来ますよ」という紹介的な内容から、今回はもう一歩突っ込んで、「多分こういうところで困るから、こんな方法でクリアしていけますよね」みたいな提案なんです。設計と、製作の特に接合の辺りを中心にした研修。これから合板DL・モジュール木工や設計ソフトを使った授業をしようという方には、それなりにヒントがあったのではないかと思います。

教育現場内外からいろんな方が集まっての会で、これからの新しい技術教育でどんなことが出来るのか、各立場からどう関わっていけるのかを考えて頂ける場を設定出来たという意味では良かったかな、と。 研修会というと、教員のみを対象としたのものが多いのですが、各分野の方や企業にも、こちらの願いとか意図をご理解頂いたうえで、手を貸して頂ければいいなと思ってやらせてもらっています。

今回の研修会は開催当日以降も継続してオンラインでの視聴を受け付ける形を取ったんですが、いろいろなところから追加での申し込みを頂きました。とても有難いことですね。


生徒達が、「考える」ことを存分にしだす



– 最後に、caDIY3D-Xについて他校の先生方へもおすすめ出来るポイントなどがありましたら、是非御願いします。

caDIY3Dを使うことで、生徒達は考えるのがすごく楽になって、考えるっていうことを存分にしだす、というのがポイントだと思います。構想して設計をまとめる段階で生徒達自身が充分に試行錯誤し検討を行える分、教員も「確認」という機械的な単純作業に必要以上の時間を割くことなく、授業に力を注げる。

ソフトの操作性ももちろん良いですし、他のCADソフトと比べてもcaDIY3Dは「なんでこの値段で出せるの?」っていうくらいお手頃ですよね。

僕は今、caDIY3D無しで授業しなさいって言われたら、どうしようかなと悩んでしまいますね。


島根大学教育学部附属義務教育学校
島根大学教育学部附属義務教育学校

2019年、島根大学教育学部附属小学校と島根大学教育学部附属中学校との統合により設立された国立の義務教育学校。島根県松江市にあり、前期課程と後期課程からなる。「新しい時代を切り拓き,社会に貢献しようとする子どもの育成/豊かな感性を育み,創造的に探究し続ける子どもの育成/人とのかかわりを大切にし,共に伸びていく子どもの育成」を教育目標に、以下の各項を特別の任務としている。

・教育学部の教育研究計画と密接な連携のもとに,初等・中等教育の理論及び実践に関する研究ならびにその実験・実証に寄与する。

・教育学部の計画に従い,学生の観察・参加・実習にあたる。

・当校の教育研究の成果を広く公開し,また公立学校の研究や現職教育に協力して,山陰両県の小学校・中学校教育の進展に寄与する。

◇ 学校ホームページ https://www.shimane-fuzoku.ed.jp/fuchu/
◇ 技術授業づくり研修会 動画限定配信についてのお知らせ https://www.shimane-fuzoku.ed.jp/info/2345/

合板DL・モジュール木工キット
「Kism(キズム)」

規格材Dimension Lumberを使用した木工キット。

合板(木質材料)の規格材を積み木のように組み合わせて、思いのままに設計。

規格が統一されているので、規格材を組み合わせて生活に合わせた木工品の企画や構想がしやすく、丈夫な木工品を作るために材料や構造を工夫しやすい特徴を持っています。

さらに、規格材の縮尺に合わせた模型を活用して、試作したり、設計用のソフトに規格材を登録して使用すれば、コンピュータ上で簡単に規格材を用いた企画や構想ができ、製図も行うことができます。

詳細は、Ton-tonのホームページをご参照下さい。
◇ Ton-tonホームページ http://ton-ton.work/