今年もやります!
第2回caDIY3D デザインコンテスト開催決定!

昨年、第1回目となるcaDIY3Dデザインコンテストを開催し、多数の応募を頂きました!
そして、今年もやります!第2回 caDIY3Dデザインコンテスト!!

応募方法などの詳細は後日発表しますが、概要は以下の通りです。

募集期間: 2017年8月1日 ~ 2017年8月31日
選考期間: 2017年9月1日 ~ 2017年9月30日
審査結果発表: 10月初旬 オフィシャルサイトにて発表します。


昨年(2016年)のコンテストはこちらから

caDIY3D Design Contest 2016 受賞者発表
厳正なる審査の結果、各賞受賞者が決定しました!!応募のあった全ての作品に審査員からコメントがあります。審査員からのコメントは各作品の詳細ページでご覧ください。...


今年のテーマはこちら!

リノベーション、リメイク部門

  • 今ある物にひと工夫をくわえて「より魅力的に。」「より使いやすく。」 そういったリノベーション作品、
    古い物をよみがえらせる、使わなくなった物を別の作品にリメイクするといった作品を募集を行います。
  • Before(手を加える前)/After(DIY後)の写真が必須です。caDIY3Dを使った図面があれば選考時に評価材料とします。

応募条件:

  • Before/After画像必須。(写真2枚以上)
  • 図面はなくても良いですが、あれば選考時の評価材料とします。




アイデア設計部門

  • 利用出来るのは合板(針葉樹12mm)1枚とSPF1x4材 6ft(およそ1820mm)5本以内。 この材料を使って何が作れるか!
    そのアイデアを競って頂きます。
  • 上記材料を全て使わなくてもOKですが、上記以上の木材を使うことは出来ません。
  • 装飾としての金物、器具は利用してもOKです。(例えば、照明器具を作った場合などの電球など)

応募条件:

  • 合板(針葉樹12mm)1枚と1×4(1820mm)5本以内を作品の主な構造として使う。
    ※金物、塗装、装飾品は自由ですが、規定以上の木材を使用することは出来ません(拾ってきた木材を使い回すなどはNG。)
  • caDIY3Dを利用した設計図面であること。
  • 指定素材内に収まることを示す木取り図も必須です。
    (木取り図機能を利用していなくても良いですが、全ての材料が規定以内に収まることがわかるような記述をして下さい)
  • 実際に作品を作って写真を添付して頂いた場合は、選考時の評価材料とします。




各賞について

  • 最優秀賞(全応募作品から1点)
  • リノベーション、リメイク部門賞
  • アイデア設計部門賞
  • 審査員特別賞
  • caDIY3D賞


各賞には、賞金+副賞を準備中です。詳細が決まり次第発表します。




審査員紹介

とだ 勝之 氏


広島県出身。1988年「あきら翔ぶ!!」で『月刊少年マガジン』デビュー。翌年同誌で同タイトルの野球漫画を連載。2007年~ 2010年講談社の隔月漫画雑誌で連載されていたDIY女子高生マンガ『ホームセンターてんこ』をきっかけに、DIY方面でのプロモーションや同人活動において活躍中。caDIY3Dのパッケージイラストを担当。

ほしの てつ 氏


DIYアドバイザーとして年間講座約200回、延べ1000人以上の生徒さんとDIYや木工を楽しんでいます。『直して長持ち、作って便利』をモットーに
・手作り ・手直し ・木遣い
で、森林保全・環境保全を呼び掛けています。テレビ・雑誌・新聞等の講師及び執筆・監修趣味工房うさ坊 主宰(千葉県柏市)

TANOK(たのっく)


番匠 智香子 氏、たまい かおり 氏、嶋崎 都志子 氏
普段は個々で活動している3名からなるDIYアドバイザー集団。
(写真左から、嶋崎、番匠、たまい)
暮らしのなかのちょっとした手づくりや、工具を使って本格的につくるもの、などいろいろな「たのしく作るもの」を提案しています。

掃部関 真紀 氏


玉川髙島屋の体験型DIYショップtukuriba店長。「はじめての女性でもできるDIY」をテーマに、毎月20種以上のワークショップを企画・開催。木工・ペイントワークショップ講師としても活躍。
DIYアドバイザー。整理収納アドバイザー1級。美術教員免許。
著書『女子DIYの教科書』(講談社)
ホームセンタースタッフ様向け研修講師。
テレビ・本などメディア出演、監修多数。
自宅ではウッドデッキやロフトベッドなど、大物も製作。

堀口 丈夫 氏


東京都世田谷区にあるシェア木工房「みんなの木工房DIY好き。(だいすき)」代表。 DIYアドバイザー。前職は建設会社で現場監督、設計助手として働いた経験がDIYにも活きています。
便利な道具がいっぱいあるので、どんどん使って作りましょうよ、と日曜大工の方に勧めています。
趣味は、DIY(木工その他)、屋上緑化の芝生の手入れとぶどう栽培、ウクレレ(ソロ弾き)、料理、キャンプ、スキー。

尾見 賢司 氏


caDIY3D開発元の株式会社日本マイクロシステムにおいて、caDIY3D開発チームリーダーを勤める。DIYが趣味で、DIYの設計にいろいろなCADソフトを試して見るも、もっと手軽に簡単に扱えるCADが欲しいなぁということでCADソフトを開発。DIY歴は11年。10年ほど前に自宅にDIY用の小屋を建設。最近、DIYアドバイザーの資格取得を真剣に検討中。