作品の紹介!!

 写真は『ユーザー投稿』に投稿した「オカモチ型調味料Box(ヒノキ)」ですが、応募するのはその一部分、『押さえ板付きの「持ち手」』です。
 数台の「オカモチ型調味料Box(ヒノキ)」を製作し、「持ち手」についても改良を加えてきました(写真に写っている内の1台は改良前のものです)。
 押さえ板の「押さえる力」はクサビで加減しています。クサビは紛失しないように、紐を付けて丸棒に結んでいます。
 「オカモチ型調味料Box(ヒノキ)」では着脱式にしていますが、可動式や固定式で装着することもできます。図面ファイルでは箱への装着方法別に3つのタイプを説明しています。
 「押さえ板」の利点は次の通りです。
  ・移動中に箱の蓋が開くのを押さえることができます。
  ・複数段重ねの箱(重箱)であっても、箱がバラバラにならないように
   固定できます。
  ・「可動軸のある持ち手」の場合も、持ち手が箱に固定されるので、
   持ち上げた時に箱が回転しません(「収納物の重さで箱が回転する」
   ということがありません)。
 材料費は、丸棒が200円、板が85×10×850㎜ヒノキB品2枚で120円として計320円。可動式の場合はボルト&ナット2組500円を加えて、計820円くらいです。(箱の材料費は別ですが、「オカモチ型調味料Box(ヒノキ)」の場合で、箱を含めて合計2,000円くらいです)
 図面ファイルについては、「押さえ板」の動きや、可動式持ち手の動きがシミュレーションできるように設定しています。


投稿した人!!

アバター

kz_bamboo さん

16年06月28日に投稿!!


図面ファイル


トータルで383人がダウンロードしました。
※図面ファイルを開くにはあらかじめcaDIY3Dがインストールされている必要があります。右サイドバーのボタン「ファイルをダウンロード」からすぐにソフトウェアをダウンロード出来ます。(PC環境のみ)


審査結果!!

審査員コメント

持ち手だけにこれだけの情熱を傾けられるのかとビックリでした。純粋にスゴイです!!

オカモチに対する思い入れはこれまでの作品で重々承知しております!持ち手だけの応募にはびっくりしました。

caDIY3D活用している。細部までこだわりを感じます。 細かいところまで工夫や試作の繰り返しが見られ、こだわりを感じる。

図面の完成度は高いです。caDIY3Dの機能をフルにつかった図面となっています。 持ち手部分だけの作品ですが、閲覧数も多いので、オカモチというジャンルはある程度確立されているのでしょうね。参考になるアイデアが詰まった作品。


蓋を支える

 写真は着脱式ですが、着脱式と可動式では「蝶番付きの蓋」を持ち手で支えるようにすることもできます(蝶番に負担がかからないようにし、蓋をテーブルとして利用できます。「押さえ板」とは関係ありませんが・・)。

持ち手(着脱式)

 着脱式の場合、箱の側面に付けた横木に引っ掛けて持ち上げます(持ち手が外れない工夫をしています)。箱を作るのに使った材料の幅が狭いので横木で繋ぐことにしたのですが、持ち手を付けることにした時に、この横木と「押さえ板」を利用した持ち手を思いつきました。

着脱式持ち手のハンドル

 ハンドルが横木から外れないようにするため、また、箱に固定する位置を決めるために、ハンドルの先端部に上向きの突起(ダボ)を埋めています。箱の横木には、この突起が入る穴を開けておきます。

caDIY3Dのキャプチャ画像です

 ボルト&ナット、ボルトが入る金属パイプ(スペーサー)を使って取り付ける可動式の持ち手です。押さえ板で持ち手が箱に固定されるので、持ち上げた時に箱が回転しません(「収納物の重さで箱が回転する」ということがありません)。また、持ち手の軸を低い位置に取り付けても大丈夫です。

caDIY3Dのキャプチャ画像です

 箱にビス等で取り付ける固定式の持ち手です。重箱であっても、箱がバラバラにならないように固定できます。

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。