作品の紹介!!

高知県では南海地震が心配されております。古い家で生活をしていると家がつぶれる恐れがあるので、地震の時には畑に避難しようと避難小屋を作りました。畳3畳分の広さですが私たち老夫婦が足を伸ばして寝られる広さです。普段はそこを妻の趣味のガーデニングの苗置き場に使います。地震時は小屋の側面に立ててある塗装したコンパネ3枚を並べます。そして小屋の床下に置いてある防災用品のブルーシートで周りを囲って生活をしようと考えています。私が生きているうちに来ないのが一番ですが。
工夫した点は、高知は台風がよく来ますので、飛ばないように高さを低くして風が抜けるように考えました。



投稿した人!!

アバター

yono さん

16年05月30日に投稿!!


図面ファイル


トータルで441人がダウンロードしました。
※図面ファイルを開くにはあらかじめcaDIY3Dがインストールされている必要があります。右サイドバーのボタン「ファイルをダウンロード」からすぐにソフトウェアをダウンロード出来ます。(PC環境のみ)


審査結果!!

審査員コメント

できれば避難小屋として使わずに済めばよいですね!でも大変実用的な作品だと感じます!!

これは本当に実用的で万一のことを考えぬかれた作品ですね!高知だけでなく全国に必要な小屋だと思います。避難小屋として不自由がないか、ときどき実際に泊まってみるとさらにバージョンアップするかも。地震が来ないことを祈ります。

本格的で実用的自分仕様のカスタマイズ感が○。 いざという時に使えるような工夫がよい。ただちょっと物足りない感が・・・。

フォルダ機能などを使って、部材の管理が良く出来ている。 避難時の使用と普段使いの使用によって、無駄なく利用出来るスペースとなっている。 実際に作られているので、非常備品の収納や、避難時の運用を想定した作り込みがなされている。 秘密(?)では無いけど、実用的な基地のアイデアだと思います。


画像1

普段は花の苗置き場として使っています

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。