防音ドア

投稿した人

bouonshitsuproject
bouonshitsuproject さん

21年12月22日に投稿

作品情報

作品名 :防音ドア
難易度 : ★★★☆☆(ある程度の道具や経験が必須)
予算 :30000
製作期間 :2日
ジャンル : 便利&アイデア 屋内(インテリア)

図面ファイル

Download

トータルで116人がダウンロードしました。

※ユーザー投稿図面をご利用いただく前に、必ずオフィシャルサイト利用規約をご確認ください。

※図面ファイルを開くにはあらかじめcaDIY3D(PCソフト)がインストールされている必要があります。右サイドバーの「DOWNLOAD」からすぐにダウンロードページへ移動出来ます。

材料&道具

ネダノン28mm 2枚
2x4材 3本
2x8材 1本
ラワン合板9mm
エプトシーラー10x10 2m 3本
グレモンハンドルと受け
重量ドア用蝶番 2つ 安全のためにはもう1つ追加したほうがよいでしょう。
ねじ少々

丸のこ 長辺の直線カット、リブ用の合板の細切りに使用しました。自作の丸のこ定規は必須です。
インパクトドライバー 必須です。
ジグソー 角丸の長方形をくり抜くのに必要です。
ドリルビット18mm ドアハンドルの軸を通す穴に使用します。

作品の紹介

自作防音室用のドアをつくりました。
ネダノンを角丸の長方形でくり抜いてドア枠にすることで剛性を確保しました。
くり抜いたあまりをドア側に張り付けることでドア重量を稼ぎ防音性を上げました。
貼り付け部には1mm厚のEPEシートを挟んで振動の伝播の抑制を目論みました。
ドア枠の幅を利用してドアの合わせ部を面で構成して広い面積を確保し、その部分に合板を細く切ったリブをドアとドア枠から交互に周回させて合わせ、チャンバー構造をつくることで遮音することを目論みました。
リブ最外周はエプトシーラーでパッキンとしました。
モデルにはありませんがドアハンドルは引付力を確保するためグレモンハンドルを使用しました。
費用は3万円程度でした。
コストパフォーマンスを考えるとこの価格での防音性は最大限に引き出せたのではないかと思っています。
あとは防音性のさらなる向上やグレモンハンドルの廃止などによるコスト低減が今後の課題です。
ドア面寸法は1820x910の範囲であれば調整が可能なので必要に応じて変更してください。

防音室外観

外寸はW1820xD910xH2000程度になります。

リブによるチャンバー構造

ドア枠に構成するチャンバー構造の模式図です。
完全密着することは難しいので、すき間は空くことを前提とし、すき間と空間(チャンバー)を交互に通ることで音の減衰を目論みます。最後にエプトシーラーで密着させて極力すき間をなくします。

グレモンハンドル

ドアの引付力を確保するため、値段は高いですがグレモンハンドルを採用しました。

グレモンハンドル受け取付部

グレモンハンドルの受け部は高さ合わせのため合板と薄い杉板で現場合わせで調整しています。このために1,2,3ミリの杉板を用意しておきました。

防音性能

簡易測定ですが、防音室内部のスピーカーでホワイトノイズを鳴らして測定した周波数特性と、同じく防音室外部のドア前1mで測定した周波数特性を単純に引き算したものがこちらになります。まだムラはありますが全域にわたって30db程度の低減になっています。全帯域での音圧は91dbから50dbになっています。一般の防音性遮音性測定値とは測定方法が違うので注意が必要です。

カテゴリー:

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。