押さえておきたい!加工の基本【穴あけ編】

次の基本は「穴あけ」

前回は加工の基本として木材のカットについて記事を書きましたが、今回は穴あけ編です。
材料切ったら組み立てるだけじゃ無いの?っと思うかもしれませんが、失敗しない作品作りには穴あけ技術は必要です。
今回は、加工の基本としての穴あけについて。


穴をあける場面と道具(工具)とは?

単純な箱を作るだけだから穴を開ける必要なんて無いよ!っという場面でも穴をあける必要が出てくる場合があります。
穴をあけるシチュエーションと穴をあける為の道具をまとめてみました。

釘やビスの下穴

  • キリ
  • ピンバイス

電動ドライバー または 卓上ボール盤を使って

  • 下穴錐(したあなすい)
  • 細めの鉄鋼用ビット

ダボなどを埋める穴

電動ドライバー または 卓上ボール盤を使って

  • 木工専用ビット
  • 鉄鋼用ビット
  • 皿取錐ビット

中くらいの貫通穴

例えば、電源コードを通す為の直径3cm程度の穴。電動ドライバー または 卓上ボール盤を使って

  • ホールソー
  • スペードビット

中くらいの座堀穴

例えばスライド蝶番※のカップを収める穴。電動ドライバー または 卓上ボール盤を使って

  • 座堀カッター(フォスナービット、ボアビット)

大きめな穴(直径が5cm以上)

  • ジグソー or 糸のこ盤でのカット
  • ホールソー
  • 自在錐

※スライド蝶番についてはこちら

【図解】どれにする?扉の取り付け方法
収納家具などをDIYする上で、重要なアイテムの一つに扉があります。例えばカラーボックスに扉をつけるだけでもがらっと雰囲気が変わりますよね。扉一つにしても、家具の扉、部屋の仕切りとしての扉など、様々な種類があります。...

基本は電動ドライバー(か、インパクトドライバー)で

小さな穴を開ける場合はピンバイス、キリなどの手工具がありますが、DIYでの基本は電動ドライバー(か、インパクトドライバー)+ドリルビットです。
ビットとは電動ドライバーやインパクトドライバーの先端に取り付ける鉄鋼で出来た部分を指します。ネジを締める為のビットは「ドライバービット」、穴をあけるビットは「ドリルビット」などと呼びます。形状や用途によって様々なビットがあり、付け替えて使用します。
中くらいの穴をあける必要が出てくるのは、DIY初心者ではなかなか無いと思うので、ここでは下穴とダボなどを埋める程度の穴あけについて書いていこうと思います。
diy_seminer_7_img_01

下穴は必須と考えよう!

釘やビスで材料同士を接合する場合、よほど細い釘、ビスで無い限りは「下穴」をあけましょう。
下穴とは釘やビスを打つ箇所にあらかじめ小さな穴を開けることを言います。
木材の側面方向から釘やビスを打つ場合、木材の繊維を割って入るような形になります。このため、木材の端の方にビスなどを打つ場合、木材が割れてしまうことが多々あります。下穴をあけておけば、繊維を押し広げる形になるため、木材が割れるリスクが減ります。 せっかく、購入した木材が真っ二つ…。なんて悲劇は味わいたくないですよね!
使用する釘やビスの太さの、一回り小さいドリルビットで下穴を開けましょう。大きすぎる下穴を開けると、接合強度が低くなってしまいます。
木工用で専用に下穴錐というものがありますので、大、中、小と揃えておけば万全です。下穴錐は細長いドリルビットでテーパー形状となっています(テーパー形状:根元から先になるほど細くなっている)。テーパー形状の為、深さによって穴あけサイズを調整できます。


SK11(エスケー11) 木工用 六角軸 ハイス 下穴ドリルセット 3本入り 2.0mm

下穴錐で無くても、鉄鋼用のビットなら各サイズがセットで売られていたりしますので、木工用途であってもこちらで代用が出来ます。1セット入手しておくと何かと便利です。


E-Value (イーバリュー) 鉄工用ドリルセット 丸軸 25本組 ETD-25S

下穴は木材の割れを防ぐため以外にも、ビスのねじ込みを補助する場合にあけることがあります。特にウッドデッキなどに使われるハードウッドと呼ばれる堅い木材(サイプレスやイペなど)は、堅くてインパクトドライバーでも途中でビスが回らなくなることがあります。ウッドデッキなどでは長く太いビス(コーススレッドと呼ばれる75mm程度のビス)を利用することがありますが、下穴を開けずに打つと、ビスが折れるかビットが折れる。なんてこともあります。

090102_10

こんな場合にもしっかりと下穴をあける必要があります。

ダボなどを埋める程度の穴あけ

ダボとは家具などを組み立てる際に、ほぞやネジの代わりに使われる、木製の小さいな棒のことです。大体8~10mm程度の太さのものが一般的です。長さは2~3cm程度。ほぞ組みの代用として、初心者向けに紹介されることもありますが、結構、難しいです。というのも接合部分の両側の材料にピッタリと同じ位置に、垂直にダボ穴(ダボを挿入するための穴)をあける必要があるからです。

diy_seminer_7_img_02

ダボ穴の位置を揃える為には「ダボマーカー」というものがあります。これは片方の材料に穴をあけた後に、その穴にマーカーをセットして、反対側の材料を押しつけることで、穴の位置を写し取るツールです。これを使えば位置を揃えることが出来ます。


大西工業 6角軸ダボ錐マーカーセット(NO.22MS) 10mm用セット セット内容=錐+木ダボ12個+マーカー5個

上の画像はダボとダボマーカー、さらにダボ用の穴をあけるダボ錐がセットになった商品ですね。ダボだけでも売っているので、最初に1セット入手すれば、使い回せます。
ダボマーカーを使えば位置合わせは簡単にできますが、難しいのは垂直に穴をあけるということ。少しでも曲がってしまうと、穴の位置があっていても上手くはまりません。

diy_seminer_7_img_03

垂直に穴をあけるための工具、ツールなどの補助がない場合は、ダボでの接合は避けた方が無難です。

垂直に穴をあけるためのツール、工具

垂直な穴をあけるためには、手軽なモノなら「ドリルガイド」というものがあります。穴あけ位置にセットして、金属製のガイドの中にドリルビットを差し込んで使います。ベースが透明なプラスチックで出来ているの、位置の確認がしやすくなっています。これも位置決めしたらベースをクランプなどで固定しておくと穴あけ途中にずれる心配が無いですね。


SK11 ドリルガイドキット 4~12mm SGK-6

手持ちの電動ドライバーを利用した「垂直ドリルスタンド」。ただし、手持ちの電動ドライバーがセットできるか確認してから購入しないと、上手くセット出来ない場合もあります。


SK11(エスケー11) 垂直ドリルスタンドII SDS-45

一番良いのは「卓上ボール盤」。これは、これから木工をずっと続けたいと思っているなら、是非とも入手、または利用する環境を作って欲しい設備です。DIY工房やホームセンターの工作室に設置されている所もあると思いますので、利用するのも手です。いろんな用途で使えます。筆者が入手した電動工具の中でも一番の稼働率です。(個人で所有するには置き場所が悩ましいですが)


リョービ(RYOBI) 卓上ボール盤 TB-1131K 木工24mm 鉄工13mm 4091131
こちらの記事でボール盤について紹介しています!

【ワンランク上】工作機械を使おう【ボール盤】
DIYにどっぷりはまると、より高い精度を求めたくなるものですよね。特に基本の加工である穴あけなどは、ハンドツールでまっすぐ垂直に穴を開けるのは至難の業。そんな時には据え置きの工作機械、ボール盤が全て解決!いとも簡単に垂直に穴を開けることが出...

ダボは材料同士の接合だけではない!

ダボは、材料と材料を繋ぐ目的以外にも、「可動式の棚板を支える」、「ビスの頭を隠す」などの場面でも利用されます。

棚ダボを使った可動棚

可動式の棚を支える場合は、木製だけではなく、金属製のダボが使われることがあります。このダボを「棚ダボ」と呼びます。


ベスト 棚ダボ 差し込みタイプ 4.8×7ミリ 8個入リ N-249

diy_seminer_7_img_04

棚ダボをはめるための穴を沢山あけておいて、収納するもののサイズに合わせて棚ダボを移動することによって棚を動かすことが出来ます。

埋め木処理で、ビス頭を隠す

木で家具などを作った場合、ほぞ組みなどの高度な技術があれば良いのですが、初心者のうちは釘やビスでの組み立てになると思います。デザイン性などを考えると、ビスの頭が見えるとちょっとかっこ悪い。という場合に、埋め木処理を施すとワンランク上の作品に仕上がります。「埋め木」とは隙間や割れに木片を埋めて栓をすることを言いますが、DIYでの埋め木はビスの頭に蓋をするような処理になります。
やり方は簡単。ビスを打つ場所にあらかじめビスの頭より一回り大きい穴を5~10mm程度の深さであけておきます。深さは板の厚みを考慮して、深すぎない程度にします(あまり深くあけると強度が低くなります)。

diy_seminer_7_img_05

ここに穴の深さまでビスを打ちます。

diy_seminer_7_img_06

ビスを打ったら、木工用ボンドを少し垂らして、木ダボ(または丸棒)をダボ穴の中に打ち込みます。

diy_seminer_7_img_07

あとははみ出たダボをカットします。ここで使用しているのはアサリのついていないノコギリ(写真のノコギリはZ ライフソークラフト145という商品) 「アサリ」というのは、効率良く木材をカットするためにノコギリの刃についている角度のことです。アサリ付き(通常の)ノコギリを使うと、材料に傷がついてしまいます。

diy_seminer_7_img_08

カットすると、ビスの頭が隠れます。塗装すればかなり目立たなくなります。

diy_seminer_7_img_09

ビスでの組み立ての場合、埋め木処理用の穴をあける場合でも、さほど垂直に神経を使わなくても出来映えは変わりません。
見栄えもワンランクアップするのでお奨めです。

下穴と埋め木用の穴を一発であける皿取り錐というビットもあります。一つ用意しておけば作業効率がグンとアップします。


スターエム 皿取錐 №58S3.5X10MM

貫通する穴をあける場合は捨て板を


ボルトを通す穴をあけるなど、板を貫通する穴をあけたい場合には「捨て板」を使いましょう。「捨て板」とは板の端材などを穴をあけるばしょの裏側に置いて、一緒に穴をあけてしまう板のことです。その名の通り、作品に直接使わず、捨ててしまう板のことですが、捨て板を置いて一緒に穴をあけないと、貫通時に穴の周辺の板が割れてしまいます。

diy_seminer_7_img_10

捨て板無しで、貫通穴をあけると、上の写真のように、貫通時に穴の周囲が割れてささくれてしまいます。

diy_seminer_7_img_11

貫通穴をあける場合は、穴の下に端材などの捨て板を敷きます。

diy_seminer_7_img_12

捨て板にも穴があいてしまいますが、作品に使う材料側は、割れが発生しません。捨て板と材料が密着していればいるほど、貫通側の穴もキレイに仕上がります。

組み立て前の下準備としての穴あけ加工【まとめ】

今回は穴をあける加工について紹介しました。どちらかというと、組み立て前の下準備としての穴あけについて書いてきましたが、このひと手間が作品の完成度、失敗しない作品作りに大きく関わってきます。下穴や埋め木用の穴をわざわざ設計図に反映することはありませんが、初心者のうちは釘やビスでの組み立てが中心。組み立てのテクニックとして、下穴や埋め木処理などは知っておいて損はありません。
今回紹介したテクニックを駆使して、ワンランク上の作品作りを目指しましょう!


ビスのシミュレーションも出来る!caDIY3D+で今すぐ設計!

らくらく設計ソフトcaDIY3Dをダウンロード
日曜大工・DIYの設計ならコレ!らくらく設計ソフトcaDIY3D。 まずは1ヶ月無料でお試し!お試し期間中は全ての機能がご利用頂けます。caDIY3DはWindows専用のCADソフトウェアです。動作対象OS:Windows7以降。...
DIY(Do It Yourself)とは、「暮らしをより良くするために、自分で工夫をすること。」 とは言え、何から始めて良いのかわからない!というのは、よくある話。 ここでは木工を中心として、DIYに役立つ情報を集めて行きたいと思います!
尾見@caDIY3D開発

caDIY3Dプロジェクトリーダーの尾見です。DIYが趣味で「誰にでも簡単に扱えるCADがあっても良いんじゃないか?」ということでcaDIY3Dを開発しています。DIY歴は13年?です。2017年にDIYアドバイザーの資格をとりました。

 コメント ご意見、ご感想などお待ちしております。

コメントはありません。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA