ブースにカウンター【まもなく展示会!】

いよいよ迫ってきました!「JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2017」!
昨年の失敗を踏まえて、最初から輸送方法を考慮した設計にしていましたが、いよいよ会場へ送ります。

ゲージに積み込むその前に

一旦組み立てたカウンターですが、輸送を前にバラバラに解体します。
っとそのまえに、小物をひとつ作ったので紹介。

何を作っているかというと、黒板用のチョークと黒板消しを入れるための木箱を作っています。
会社にあった木製パレットを解体した木材から、適当にカットとして組み立てます。
あえて斜めに割れた板を使ってラフな感じに!
割れた板を使ったので、少し幅があっていなかった。カンナで削って調整。



あとはスリムビスで固定して、軽くサンドペーパーを掛けたら完成!
所要時間5分ほど。ラフな感じが良い感じ。
完成写真が無いのが残念ですが、展示会で是非ご覧ください。(たいした物ではありませんが…。)

いよいよ解体。積み込みます。

せっかく作ったカウンターですが、そのままでは積み込めません。
輸送用のゲージ(JITBOX)のサイズは、104 x 104 x 170cm。




ここでトラブル発生。組み立ててから塗り残し部分を塗ったら、分解するはずの木材同士がくっついてしまい、バラバラにならない…。
バラせるところからバラしていって、くっついたところはドライバーでこじったり、金槌で叩いたり。
なんとかバラすことが出来ましたが、ちょっと焦りました…。




カウンターの下に潜り込んでパネルの取り外し。



L字に組んだカウンターの天板も外していきます。

バラしてみると、意外とコンパクトに積み込み完了。

バラした部品を隙間なく積み込んでみます。下の写真で、ほぼ全ての材料が積み込まれています。
意外とコンパクトになるものですね。



しかし、展示会で必要になる荷物はこれだけではありません。モニターやらチラシやらパネルやら…。
載せられるものはすべてBOXに詰め込みます。




詰め込めるだけ詰め込んで準備完了!
昨年はこれが出来なくて、1BOXカーに材料詰め込んで片道800kmのドライブをしたのもいい思い出…。(もうしたくない)
無事に運送屋さんに持って行ってもらいました。


さて、いよいよ展示会本番は明後日。明日は午前中に移動して、午後から組立を行います。
事前のシミュレーションでは2時間くらいで組立られる予定ですが…。

是非、皆さんお立ち寄り下さい!
弊社のブースは、5ホールメインステージ横の企画エリア「男の工房」内にあります。


caDIY3Dのダウンロードはこちらのページから

尾見@caDIY3D開発
caDIY3Dプロジェクトリーダーの尾見です。DIYが趣味で「誰にでも簡単に扱えるCADがあっても良いんじゃないか?」ということでcaDIY3Dを開発しています。DIY歴は12年です。今年こそは、DIYアドバイザーを取りたい。

 コメント ご意見、ご感想などお待ちしております。

コメントはありません。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*