永久保存版!家具などの基本構造を図解!

いよいよ設計!基本的な構造を理解しよう!

材料や加工方法について紹介してきましたが、いよいよ設計!
何気なく見ている椅子や棚にも一つ一つの部材に名前が付いていたり、組み方が存在します。
オリジナルの家具を設計するにしても、基本的な構造を知っておいて損はありません。基本が判れば あとは組み合わせやアレンジで設計出来るようになると思います。
今回は基本的な家具の構造について紹介します。


今回の記事についての注意

今回紹介する構造図には接合方法(ビスで組むのか、組み手で組むのかなど)は考慮されていません。また、サイズなども適当ですので、実際の設計の際には、サイズなども十分に検討しないといけません。
部材の配置と名称を中心に紹介しています。後半には切り欠きや溝加工が必要なものも出てきますが、自分のスキルに合わせて、組み方は考えて下さい。

今回の各画像はクリックすると拡大表示します。

棚の構造

棚の組み立て完成図

まずは棚の組み立て完成図です。側板と呼ばれる側面の板で、棚板を挟み込む形になります。一番下の棚板は「底板」と呼びます。
スパイスラックや小物収納棚なども基本的には同じ構造です。

diy_seminer_9_img_01

棚の分解図

背板があると横方向からの力に強くなります。背板を取り付けるには、側板に溝を切って上からはめ込むか、後ろからベタッと貼り付けてビスや釘で留める(ベタ打ちと呼びます)かします。見た目は溝にはめる方がキレイですが、溝を切るテクニックが必要です。
下部にある幕板は無くてもよいですが、あるとグッと家具っぽい雰囲気になると思います。

diy_seminer_9_img_02
棚板の固定方法についてまとめた記事はこちら

【図解】どれにする?棚板を固定する方法
基本構造の図解では、側板と棚板の固定方法について深く解説しませんでしたが、3DCGのように空中に棚板が浮く訳ではなく、何かしらの方法で、側板に固定しないといけません。固定方法も沢山のバリエーションがありますので、レベルに合わせて選択しましょ...

テーブルの構造

テーブル組み立て完成図

続いてテーブルの構造です。甲板(天板)の下に脚と脚を繋ぐ幕板と呼ばれる板がついています。短辺方向の幕板を妻手(つまで)側の幕板、長辺方向の幕板を長手(ながて)側の幕板と呼びます。
脚のある家具は作るのが難しい部類に入りますね。

diy_seminer_9_img_03

テーブル分解図

甲板を取り除くと内部の様子がわかります。補強用に幕板のつなぎが入っていることがわかりますね。脚の付け根、4隅に隅木(すみき)という部材が入っています。これは筋交いのように強度を上げる役割があります。本格的にテーブルを作る場合、甲板は駒留(こまどめ)という部材で固定します。初心者のうちは、L字金具などで脚部分と接合すれば良いと思います。

diy_seminer_9_img_04

diy_seminer_9_img_05
この構造を踏まえてカフェテーブルを設計してみました!記事はこちら

DIYカフェテーブルを設計【デザイン編】
何かモノを作る際に設計図は必ず入ります。一言で設計図と言っても、ピンからキリまで。手書きのメモ程度でも設計図ですし、きちんとした設計図をパソコンで作るということも考えられます。 とは言え、何もやったことが無い方に「DIYでは設計図が必要だよ...

椅子の構造

椅子組み立て完成図

椅子は木工の基本技術が詰まっています。無骨なデザインであっても、多くのパーツで構成されています。また、椅子を作る技術はあらゆる作品に応用が利く構成となっています。
テーブルよりも難易度が高いかもしれませんね。正確に作らないと脚がガタついたりします。キッズチェアなど、軽く小さい椅子であれば、構造をもっとシンプルにすることが出来ます。

diy_seminer_9_img_06

椅子分解図

人が座るので、強度は十分に確保したいところ。基本的なところはテーブルの構造とよく似ていますが、脚の下部に貫(ぬき)と呼ばれる補強材が入っています。

diy_seminer_9_img_07

引き出しの構造

引き出し組み立て完成図

引き出しの構造です。抽斗とも書きますね(難読漢字ですね。私は最初読めませんでした)。基本は箱ですが、見栄えを良くするために化粧板を前面に取り付けています。引き出しの奥側の板を先板(さきいた)と呼び、前面側の板を前板(まえいた)と呼びます。底板は、引き出し枠に合わせてべた打ちとしています。

diy_seminer_9_img_10

引き出し分解図

前板を側板の木口に被せる形にするのであれば、化粧板は必要ありませんが若干加工テクニックが必要です。溝を切るテクニックがあれば、側板、前板、先板に溝を切って、底板をはめると見栄えが良いです。ただ、引き出しは常に見えるところでは無いので、割り切って加工が簡単な方法でも良いと思います。
引き出しをはめる側はいろいろな方法がありますので、次回以降に紹介したいと思います。

diy_seminer_9_img_11
引き出しの基本は箱形状。引き出しの構造をまとめた記事はこちら

【図解】どれにする?箱形状の組み立て方
収納ボックスや引き出しなど、DIYで作品を作る際に箱ものは欠かせない要素。箱ものを組み立てる方法もいろいろとありますので、スキル別に紹介していきたいと思います。...

引き出しを本体に取り付ける方法をまとめた記事はこちら

【図解】どれにする?引き出しを収める方法
引き出しだけ作っても、引き出しを収める本体(キャビネット)が出来ないと、収納家具ではありませんね。引き出しがスムーズに収納できるかは、引き出し自体の加工精度もですが、キャビネット側の精度も必要となってきます。今回は、引き出しを収める方法につ...

額縁の構造

額縁組み立て完成図

額縁です。シンプルですが、加工の難易度は少し上がります。桟(さん)と呼ばれる枠材を45度でつなぎ合わせています。この45度のつなぎ合わせのことを「留め継ぎ(とめつぎ)」と呼びます。軽いモノであれば、接着剤だけで固定することも考えらますが、何かしら補強を入れた方が安心ですね。ここでは「かんざし」と呼ばれる薄い板をはめて補強する構造を紹介します。

diy_seminer_9_img_08

額縁分解図

裏板は、溝を切って、はめ込む構造としています。このように取り外せない状態にしてしまうことを「はめ殺し」と呼びます。写真立てのような額縁を作る場合は、裏板が取り外せないといけないので、溝ではなく切り欠き(L字型に削る)を作って、そこに裏板をはめ、トンボ金具という金具で押さえることになります。
「かんざし」は分解図にあるように最初は長方形の薄板を差し込んで、接着できたら余分な部分を切り落とします。四隅の補強にはいろいろな方法がありますので、また、こんど紹介したいと思います。
留め継ぎによる枠の作り方は、キャビネットの扉などの作成にも応用できます。

diy_seminer_9_img_09

キャビネットの扉の構造

キャビネットの扉組み立て完成図

キャビネットなどに用いられる扉です。ぱっと見た感じはすごくシンプルですが、構造は以外と複雑。加工の難易度も若干高めですが、切り欠き加工が出来るのであれば大丈夫です。(まだ、切り欠き加工について紹介はしていませんが…。)
新しい言葉として、框(かまち)が出てきました。框は戸や障子の枠のことを指します。

diy_seminer_9_img_12
切り欠き加工には電動工具が必須。丸のこかトリマーを使います。

電動工具を使いこなそう【丸のこ編】
何かと時間が無い現代。手工具だけで木工を行うには時間と労力が必要です。そんな時には電動工具で素早く、精度良く加工を行いたいところ。電動工具を使いこなせれば、間違いなく戦闘力(?)アップ!今回は、木工では身近な電気丸のこについて。...
電動工具を使いこなそう【トリマー編】
電動工具3つ目はトリマーです。トリマーとは高速で回転するビットにより、木材を削る電動工具です。ビットには様々な形状があり、ビットを付け替えることでいろいろな加工が出来ます。主にテーブルの天板や額縁の縁に飾りを施すような場合に使用します。...

キャビネット扉分解図

キャビネット扉の分解図です。裏側からみたところですが、ごちゃごちゃして判りづらいので、順を追って説明したいと思います。

diy_seminer_9_img_13

縦框には鏡板がはまる切り欠きが施してあります。横框には、縦框の切り欠きにはまるように切り欠きと、縦框同様に鏡板がはまる切り欠きを行います。

diy_seminer_9_img_14

框部分を組み立てたら、鏡板をはめます。この時点で鏡板は切り欠きにはめただけなので、前からつついたら外れてしまいます。

diy_seminer_9_img_15

鏡板が外れないように押し縁と呼ばれる細長い角材で鏡板を押さえます。

diy_seminer_9_img_16
扉の取り付け方法にもいろいろあります!まとめた記事はこちら

【図解】どれにする?扉の取り付け方法
収納家具などをDIYする上で、重要なアイテムの一つに扉があります。例えばカラーボックスに扉をつけるだけでもがらっと雰囲気が変わりますよね。扉一つにしても、家具の扉、部屋の仕切りとしての扉など、様々な種類があります。...

身の周りの家具が一番の参考書【まとめ】

基本的な家具の構造を紹介しましたが、まだまだ沢山の構造があります。ここでは全て紹介しきれませんが、身の周りにある家具をよく観察してみると、設計の参考になると思います。
基本が判れば、あとは応用するだけ。オリジナルの家具を早速設計してみましょう!

今回の記事の為に作成したcaDIY3D図面をまとめてダウンロード!(zipで圧縮してあります)
ぐりぐり動かしながら確認すれば、構造も判りやすい!
DOWNLOAD
基本構造モデル(6種類)
seminar_no9_models.zip

※ダウンロードしたzipファイルを解凍した後、caDIY3Dから開いて下さい。



モデルを見るにはcaDIY3Dが必要です。caDIY3D+のダウンロードはこちらのページから!

らくらく設計ソフトcaDIY3Dをダウンロード
日曜大工・DIYの設計ならコレ!らくらく設計ソフトcaDIY3D。 まずは1ヶ月無料でお試し!お試し期間中は全ての機能がご利用頂けます。caDIY3DはWindows専用のCADソフトウェアです。動作対象OS:Windows7以降。...
DIY(Do It Yourself)とは、「暮らしをより良くするために、自分で工夫をすること。」 とは言え、何から始めて良いのかわからない!というのは、よくある話。 ここでは木工を中心として、DIYに役立つ情報を集めて行きたいと思います!
尾見@caDIY3D開発
caDIY3Dプロジェクトリーダーの尾見です。DIYが趣味で「誰にでも簡単に扱えるCADがあっても良いんじゃないか?」ということでcaDIY3Dを開発しています。DIY歴は12年です。今年こそは、DIYアドバイザーを取りたい。

 コメント ご意見、ご感想などお待ちしております。

コメントはありません。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*